フッ素コーティングには防湿効果があり様々な製品に利用できる

スマートフォンと水

おすすめの記事

防湿効果があるフッ素コーティング剤は電子部品の表面保護でも活躍

半導体

内部に浸水すると重大なダメージを受ける電子部品では、撥水・撥油としてフッ素コーティングがよく用いられています。プリント配線板などの部分的に剥き出しになっているパーツの表面保護や、コンデンサーなどの大事な部分への汚れの付着防止と、製造の現場で欠かせないコーティング剤です。防湿としても十分な効果を発揮するので、製造中のみならず、完成品となってからお客様の手元に届くまで高品質を維持できます。
環境による防湿は、様々な要素がある工場の内部では難しく、一般的に各部品をコーティングすることで実施します。フッ素コーティングによる皮膜は水と油の両方に有効で、まさに電子部品の撥水・撥油として最適です。電子部品につけた物質の拡散防止にもなるため、製造スピードの向上と、確実な部品の動作としても注目されています。
強力で長持ちするフッ素コーティング剤による防湿は、電子部品の製造で必要不可欠な工程です。複数の効果があるコーティング剤は珍しく、その性能の高さと実績から多くの工場で採用されています。デリケートな電子部品と相性が良いフッ素コーティングによって、品質保証ができる製造現場に改善してみましょう。火災の原因にならない安全なタイプもあるので、安心して現場に入れられます。

ピックアップ

TOP